×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

'10 浅間山  ('10/7/10)             使用カメラ:PowerShot G7(CANON)

7:20浅間山荘-8:50浅間神社-9:10湯ノ平口-10:30前掛山-11:10前掛山登山口分岐-11:50Jバンド-13:30黒斑山
-14:20湯ノ平口-15:40浅間山荘

 数日前からの天気予報でこの週末は雨だと思い込んでいたのですが、前日の夜10時ごろに予報を
確認したところ晴れマークに変わっていたのであわてて登りに行くことにしました。次は尾瀬辺り
を考えていたのですが、もう少し南のほうが天気が良さそうな予報だったので、運転の時間も考慮
して浅間山にしました。つまりのところ、天気と運転時間で決めたようなものです。
出発が遅くなり、駐車場に着いたのが深夜の3時半。車の中で仮眠をして少し遅めの7時半ごろの
登山開始となりました。

浅間山は単独峰なので山の景色もよさそうじゃないし、味気ない不毛の山じゃなかろうかという
先入観持っていましたが、実際行ってみると、思いの外とても良い山でした。

しばらく渓流沿いの林道を歩きますが、白や赤のグンナイフウロとキバナノヤマオダマキがたくさ
ん咲いていました。浅間神社(火山館)を超えるあたりから、マイヅルソウやゴゼンタチバナの群生
が見られました。湯ノ平のあたりは、草地に広がる明るい樹林帯で、両側の山の景色も良く、とて
も気持ちの良いところです。アヤメがちょうど見ごろでした。

朝のうちは雲が少し掛かっていましたが、浅間山に登り始めると雲が晴れていい天気になりました。
前掛山まで登り、軽く昼ごはん。急いで鋸岳への分岐まで戻り、Jバンド-仙人岳-蛇骨岳-黒斑山の
稜線を渡って湯ノ平へ戻るコースを歩きました。このコースが◎。登り口から尾根道にかけて、た
くさんのハクサンシャクナゲが咲き誇っていました。浅間山の眺めも雄大。下りの草滑りの道も花
が多く気持ちの良い道です。

トータルの標高差約2000m。ちょっと疲れましたが、天気にも恵まれ、とても良い山行でした。


 

       



山と花のアルバムに戻る            Top