×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

'11 一切経山〜東吾妻山  ('11/10/10)         使用カメラ:K-5(Pentax)

山と花のアルバムに戻る                   Home

 5:30浄土平-5:45吾妻小富士-6:00浄土平-7:10鎌池-8:00一切経山-五色沼周辺散策-一切経山10:00-
 10:30鎌池-11:30東吾妻山-12:00姥ヶ原-13:00浄土平

前日の安達太良山行の後、岳湯温泉に浸かり、磐梯吾妻スカイラインの浄土平の駐車場に向かった。車で一晩を過ごす。天気が良ければ星の撮影を、と思っていたが風が強く断念した。翌日は西吾妻までの長距離遠征も考えていたが、朝飯を準備しようとしていたら、車にキーを閉じ込めたというおじさんにJAFの電話番号をきかれ、なんだかんだと話をしていたら出発が遅くなってしまった。そもそも天気は下り坂に見えるし、何より辺りの紅葉が見事なので鎌沼を中心のんびり散策することにした。

吾妻はコメツガやシラビソなどの針葉樹が多いところであるが、所々広葉樹が集落を作っている。安達太良よりも広葉樹林の規模こそ小さいが、今年はこちらの吾妻連峰の方が当たり年のようだ。安達太良ではナナカマドは茶色くなり、クロマメノキも赤黒くなっていたが(それでも十分綺麗であったのだが)、この辺りでは鮮やかに色づいている。特に鎌沼の手前の蓬莱山辺りの紅葉は見事だった。

吾妻は点在する沼や湿地も魅力である。鎌沼は笹原に囲まれた、明るい雰囲気のピクニックに好適なところ。一方、一切経山の裏側にある五色沼(魔女の瞳)はコバルトブルーの水を湛えた神秘的な沼である。今回も魔女の瞳に2時間近くも囚われてしまったが、回復してきた天気の下で、鮮やかな色を楽しむことができた。鎌沼から東吾妻にも足を延ばし、姥ヶ原経由で浄土平へと戻る。この浄土平に下る途中の紅葉が何といっても素晴らしかった。

 

   
       
       
       

 

 

山と花のアルバムに戻る                   Home