×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

'11 一切経山〜東大巓  ('11/7/2)         使用カメラ:K-5(Pentax)

 5:00浄土平駐車場-5:20吾妻小富士-5:40浄土平駐車場6:10-7:50一切経山-8:20五色沼-9:00家形山-11:00烏帽子山-13:00東大巓-15:10谷地平-17:00姥ヶ原-17:50浄土平駐車場


今回は浅間辺りを狙っていたのですが、天気予報と相談して吾妻山に行き先を変更しました。つい先日購入したペンタックスのGPSユニット「O-GPS1」に付属している赤道儀機能で星を撮ろうと浄土平(標高1600m)まで車で登りました。そこから一切経山から東大巓方面、あわよくば西吾妻山まで行こうという計画です。微妙な天気予報だったので、星の方は期待半分だったのですが、見事に快晴。少し湿度が高めでしたが月もなく満天の星が出迎えてくれました。2時半に就寝し、朝の光に起こされ4時半起床。

夏山の本格シーズンに向けてのトレーニングを兼ねて、水をいつもより2L余分に持っての山行です。今日はスタート地点の標高は高いし、山の標高は2000m弱。楽ションの登山だと完全になめていました。

まずは、準備体操に吾妻小富士を往復した後、あらためて登山開始。一切経山までは、花と蝶と戯れながらのんびり登りました。一切経山を超えると、眼下に五色沼。魔女の瞳とはよく言ったものです。引き込まれそうな碧い瞳です。

ここから先はペースを少し戻そうと思ったのですが、ぬかるみ道の連続で一向にペース上がらず。見晴らしも悪く、めげそうになりながら格闘すること3時間。東大巓の手前から、突如としてお花畑が広がりチングルマやイワカガミが咲き、ワタスゲが風になびく素晴らしい景色が現れました。ここから先は時間的に断念。分岐に戻り、谷地平へのコースで戻ることにしました。
暫くきれいな湿原とぬかるんだササ藪の道を繰り返し、再びめげそうになった頃合いに視界が大きく開け、谷地平に到着。ここは木道の整備された広くて気持ちの良い湿原です。一瞬で気持ちも晴れ渡ります。この後、姥ヶ原へは再びぬかるんだ森林帯の中をすすみますが、思いの外に登り道が延々と続き、かなりへとへと。姥ヶ原を経由して駐車場にたどり着いたのは、夕日が沈むちょっと前でした。ちなみに土曜日なのに一切経山より先で人に会ったのは東大巓と谷地平で計2人。

景色の素晴らしさも、花も星もそして道の険しさも想像を遙かに超えてました。


 

 
       
       
       

 

 

 

山と花のアルバムに戻る            Top