×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

'12 那須岳  ('12/6/2)         使用カメラ:K-5(Pentax)

山と花のアルバムに戻る            Home

 5:00北温泉-9:00三本槍-10:00大峠-11:00三斗温泉-12:00峰の茶屋-13:00朝日岳-16:00北温泉

今週は土曜のみかろうじて晴れの天気予報。しかも北に行くほど天気が良さそうである。ぼちぼちシロヤシオが見頃の季節なので、
日帰りで那須岳に行くことにした。これで3年連続この時期に登ることになる。

北温泉の駐車場にはトイレがないので大丸温泉に車を止めて朝まで寝る。朝、目覚めると朝日岳が赤く染まっている。こちらから
登ったほうが朝の景色がきれいかも、とも考えたが、やはり朝日を浴びるシロヤシオが見たい。北温泉に車を廻して、今年も中の
大倉尾根から登ることにした。

今年は季節が少し遅れ気味なので、咲いているのだろうかと不安に思いながら登っていくと、初めの急登を過ぎてすぐにシロヤシオ
が姿を見せ始めた。ツツジ類の中では最も好きな花である。陽を浴びてまぶしく輝いている。五葉ツツジの別名の通り、5枚の葉っぱ
が特徴であるが、赤茶の縁取りがおしゃれでこれも魅力の一つである。森林を抜けるとミネザクラがちらほら咲いている。シャクナゲはまだ。

今回は三本槍から、大峠に一旦降り、三斗温泉に向かうことにした。大峠までの道にはミツバオウレンがたくさん咲いており、そのほか
ヒメイチゲ、フデリンドウ、ショウジョウバカマ、ユキワリソウ、イワカガミなどが咲いていた。大峠から三斗温泉への道にはサンリンソウ、
サンカヨウ、オオバキスミレのほか、何種類かのスミレやエンレイソウなどが咲いていた。何度か渡渉を繰り返し、三斗温泉に着く。ここ
から、峰の茶屋に登り返す。この道の途中には見事なサンカヨウの群生があった。峰の茶屋からは混雑する茶臼岳はパスし、朝日岳
経由で中の大倉尾根に戻り、北温泉へと下った。

 

 

 

 

 

山と花のアルバムに戻る            Home